健康の話

親戚がほぼ全員薬剤師と言う、たけち あきこさんのお話をお伺いする機会がありました。
以下、抜粋します。
、、、後々段階的にまとめていこうと思います。
薬は 楽な草と書く。
抗〇〇→処方箋で長く出せない
糖尿病、血圧の薬→対症療法。治すものではない
薬剤師は副作用の勉強もする。

〇アップ→心臓の研究で髪が映える事があった。
副作用は心臓に来ると言う事。
薬が増えるだけ副作用も増える
薬は飲まないようにしていた。イメージ的に怖い
薬局はリピーター多いなあと思っていた。
医療費42%
→60%に
5割→7割に
薬を使っていると色々と破綻していく
セルフメディケーション税制
健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。
薬局で買い物をされた際は対象商品の記載があります。
ロコモティブ シンドローム(locomotive syndrome)
「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になること。
 日本整形外科学会が、2007年(平成19年)に、新たに提唱しました。「ロコモ」の提唱には、「人間は運動器に支えられて生きている。運動器の健康には、医学的評価と対策が重要であるということを日々意識してほしい」というメッセージが込められています。

ロコモの原因
 「運動器の障害」の原因には、大きく分けて、「運動器自体の疾患」と、「加齢による運動器機能不全」があります。

1)運動器自体の疾患(筋骨格運動器系)
 加齢に伴う、様々な運動器疾患。たとえば変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背、易骨折性、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症など。あるいは関節リウマチなどでは、痛み、関節可動域制限、筋力低下、麻痺、骨折、痙性などにより、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたします。
2)加齢による運動器機能不全
 加齢により、身体機能は衰えます。筋力低下、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下、巧緻性低下、深部感覚低下、バランス能力低下などがあげられます。「閉じこもり」などで、運動不足になると、これらの「筋力」や「バランス能力の低下」等と相まって「運動機能の低下」が起こり、容易に転倒しやすくなります。
・幼稚園児に多い →うんていやジャングルジムなくなった
・お風呂からシャワーに
・和式トイレから様式に
メタボ:メタボリックシンドロームは、心臓や脳血管などの「内臓の病気」で「健康寿命」が短くなったり「要介護状態」になるのに対し、ロコモ:ロコモティブシンドロームでは、「運動器の障害」が原因でおこります。「ロコモ」と「メタボ」や「認知症」を、合併する方も多いという報告もあります(吉村典子2009年)。高齢者のtotal healthの観点からは、幅広い対応策が必要です。年を取って、寝たきりや、痴呆になって、要介護となることはできるだけ避けたいものです。これらの「健康寿命の延伸」、「生活機能低下の防止」には、予防、早期発見・早期治療が重要です。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いつから癌、鬱が?
花粉症は?
食原病
人間は60兆個の細胞で出来ている。そのうち2兆個は免疫細胞
5000億〜1兆は細胞入れ替え
食事→細胞を作る
五大栄養素
脂質
糖質
タンパク質
ビタミン 自分で作ることができない
ミネラル
タンパク質、ビタミン、ミネラルの3つは食べ貯めができない
正露丸
1880年頃
(明治13年頃)
森林太郎(森鴎外)森林太郎(森鴎外)らによって軍薬
として活用される

成敗してやるこの丸で ラッパのマーク→陸軍

名前の由来

日露戦争直前の1902年、大阪の薬商「中島佐一薬房」は木クレオソートを主成分とする丸剤に「忠勇征露丸」と名づけ、販売する許可を大阪府より交付されました。1902年は、日英同盟を締結した年であり、ロシアとの緊張関係が高まりつつある状況でした。
一方、大日本帝国陸軍では、1904年に開戦した日露戦争の間、胃腸薬として使用されていた木クレオソートの丸剤に「征露丸」と名づけ、軍人全員に服用を命じていたとの記録が「明治三十七八年戦役陸軍衛生史」に残っています(※)。
第二次世界大戦後、1946年(昭和21年)に大幸薬品は、中島佐一薬房から「忠勇征露丸」の製造・販売権を継承しました。その後、「征」から「正」へ名前を変え、大幸薬品では1959年に「正露丸」の商標登録を行い、現在にいたっています(※※)。
※ 出典:「明治三十七八年戦役陸軍衛生史」
※※ 1959年12月登録 登録番号第545984号

クレオソート(Creosote)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

バイタミン
B足りんは脳足りん
B1 エネルギー不足
慢性疲労
13種類食べ貯めが出来ない 今日は足りても明日はゼロ
骨も細胞
カルシウム→ミネラル
ヘモグロビンのヘモ→鉄
病気、老化の原因
食事、運動、睡眠
①細胞の栄養素不足ビタミン、ミネラル
1977年マクガバンレポート
②酸化 (活性酸素) 病気、老化 ビタミンC→酸化防止剤
サラダ油 油の酸化防止剤→ビタミンE

アメリカ

1950年代、米国農務省が食品の消費状況を調査した結果、「栄養所要量」(RDA)を満たしていないことが分かり食生活の指針を作成した。4グループに分けられた食品からなる。グループは「牛乳」、「肉のグループ、魚、豆、ナッツ、2サービング以上(6オンス以上)」、「野菜と果物」、「パン・シリアル(全粒粉、栄養強化されたもの)」の4つである。

1968年7月、低所得層の飢えが社会問題になり、「栄養と所要量に関する上院特別委員会」 (Select Committee on Nutrition and Human Needs) の議長にジョージ・マクガバンが任命される。これはマクガバン委員会とも呼ばれる。

1969年、マクガバン委員会は病気と食生活に関する調査を開始し「食品、栄養と健康についてのホワイトハウス会議」(White House Conference on Food, Nutrition and Health)を開く。

1970年代 アメリカ心臓協会は、脂質を(全カロリーの)35%以下、飽和脂肪酸を10%以下に、コレステロールを300mg以下にすることを推奨した。

1977年2月、マクガバン委員会はこの年までに何度も公聴会を開き、そのまとめを「米国の食事目標[18]」(Dietary Goals for the United States)として報告する。これはマクガバン報告マクガバンレポートとも呼ばれる。報告にはハーバード大学公衆衛生大学院の栄養学の教授であるマーク・ヘグステッドも関わっている。(ヘグステッドは全国栄養協会(National Nutrition Consortium)の会長[19]でもあった)10大死因のうち6つの病気が食生活に大きく関連することがわかり、栄養の問題は栄養不足だけではなくなった。そして、病気にならないための食生活の目標が6つ設定された。

  1. 炭水化物の比率を(全カロリーの)55-60%に増やす。
  2. 現在40%の脂質を30%に減らす
  3. 飽和脂肪酸を10%に減らす。多価不飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸を10%にする。
  4. コレステロールを1日300mgに減らす。
  5. 砂糖を15%に減らす。
  6. 塩分を3gに減らす。

そのために、全粒穀物、果物、野菜、鶏肉、魚、低脂肪乳を増やし、肉類、バター、卵、脂肪、砂糖、塩分を減らすことも報告した。報告は議論を巻き起こし、畜産業界と砂糖業界は抗議し[20][21]、全国家畜食肉委員会は特別委員会に24人の専門家の意見を送った[22]。研究が十分でないものがあるという意見が多かった。

「米国の食事目標」と[23][24]、その「補足見解」[25]、1976年7月に「死に至る病に関する食事」(Diet Related to Killer Disease)として開始された公聴会は[26][27]、2度の食肉と鶏卵の生産業界の見解を聞く公聴会と[28]、疾患との関係に関したものとで全8回の公聴会が開催され[29]、多くの業界、研究者、政府担当官の意見が寄せられ資料としても残された[30]

1977年12月、「米国の食事目標-第2版[31]」として改訂版が出された。目標に「肥満にならないように消費カロリー分しかエネルギーを摂取しないようにする」が追加され、また変更点は以下であった。

  1. 現在28%の複合炭水化物を48%に増やす。(炭水化物全体では砂糖と合計して58%となる)
  2. 砂糖を10%に減らす。
  3. 塩分を5gに減らす。
  4. 飽和脂肪酸の摂取を減らすように肉類を選ぶ。
  5. 閉経前の女性、幼児、高齢者は卵の栄養価を考慮してコレステロールの摂取量を減らす。

その後、科学研究を通して追認されていくが大部分は 「米国の食事目標」に似たものである。

以降、ハーバード大学公衆衛生大学院による、女性看護師の統計Nurses’ Health Study[32](NHS)、男性医療従事者の同じような統計Health Professionals Follow-up Study[33](HPFS)といった、大規模なコホート研究が行われるようになる。

1978年、アメリカ心臓協会は「米国の食事目標」を支持する[34]

1979年アメリカ国立癌研究所は「米国の食事目標」に似た意見を発表する[35]。「ヘルシーピープル」(Healthy People)という健康を改善するための10か年計画がはじまる。これは10年を区切りとして継続されていく。

1980年2月、米国農務省(USDA)と米国保健福祉省(HHS)は「アメリカ人のための食生活指針」(Dietary guidelines for Americans)として、病気を予防するための7つの指針を発表する。摂取を控えるという表現のかわりに、食べ過ぎないと表現を弱めたが、特に食肉業界からの抗議があった[36]。以降、5年ごとに改訂されることになる。

1980年5月、全米科学アカデミーの下位組織であるNRC(National Research Council)は「健康的な食事を目指して」(Toward Healthful Diets)という報告で、健康であれば脂質やコレステロールの制限は必要ないとして食生活指針に反論した。しかし、報告書を作成した委員会が畜産業界から献金を受けていると批判されたので委員会の組織替えを行う[37]。また、農務省の要職に畜産業界のロビイストが就任し「食生活指針」に関する研究を閉鎖するということがあった[36]

1982年、アメリカ国立癌研究所から食事とがんの関連の調査を依頼されていたNRCは「食生活、栄養とがん[38]」(Diet, nutrition, and cancer)という報告書で、食生活指針に似たような意見を発表する。総脂肪はがんとの関連性が高いと考えられ、また脂肪の比率を30%にするというのは実行しやすい目標として示されているだけで、さらに減らしてもよいとしている。「20年前には禁煙というメッセージは、むしろ慎重な言葉として使われたのである。今日では、事実は明白であり、言葉の選択はあまり重要でなくなった。(中略)不幸なことに食物とがんとの関係について、確実な科学的見解を述べるのはまだ不可能である[39]」と、食事の要因について根拠が十分でないという状況に言及している。畜産業界は脂質の目標を30%とすることに意義を立てたが受け入れられなかった[36]

フードガイドピラミッド(1992年)。穀物に関する案内がなく、肉、鳥、魚、豆がひとまとめにされているといった問題点が指摘される[40]

マイピラミッド(2006年)として更新された。示されるMyPryamid.govにアクセスすることなく解読することはできなくなった[40]

1985年、「アメリカ人のための食生活指針2版」。改訂委員会のメンバーの6人中5人が食品業界の関係者だったが、アメリカ心臓協会などの多くの団体による科学的な証拠があったために、食生活指針に大きな変更はなかった[41][42]

1988年から1989年まで、合計4つの報告書で、脂質と飽和脂肪酸の制限が優先課題であると、これまでの食生活指針が支持されるかたちになる。4つとは、保健福祉省のSurgeon General’s report on Nutrition and Health ,1988[43]、世界保健機関のHealthy nutrition:Preventing nutrition-related diseases in Europe,1988、NRCのDesigning Food,1988[44]と『食事と健康[45]』(Diet and Health,1989)である。あとはガイドラインを実行に移すだけだと考えられたが、引き続きロビー活動が続くことになる[46]

1990年、「アメリカ人のための食生活指針3版」。改訂委員会は食品業界と関連の薄い人物で組織されていた[20][47]。脂質30%、飽和脂肪酸10%と変更はなかった。食べ過ぎないという表現は、脂肪の少ないものを選ぶ、2~3サービング、といった表現に変わり、抗議はなかった[47]

1991年4月、ピラミッド型のイラストが用意され出版される直前だったが、新しい農務省長官によって印刷が差し止められる[48]。以降、このことがマスコミの話題の焦点になり、畜産業界の圧力だという批判が相次ぐ[49]

1992年8月、農務省がピラミッド型の「フードガイドピラミッド」を発表する。

1995年、「アメリカ人のための食生活指針4版」[50]。飽和脂肪酸を避けること、菜食主義者に関する文章が加わるが抗議はなかった。肉のグループの最大量がこれまで6オンスだったものが9オンスになる。

2000年、「アメリカ人のための食生活指針5版」[51]。砂糖の摂取はほどよい量になるようにするとされている。

2005年、「アメリカ人のための食生活指針2005年版-6版」[52]。炭水化物の半分以上は全粒穀物にすべきだと量が指定される。「フードガイドピラミッド」が年齢性別に対応した「マイピラミッド[53]」に変わる。砂糖業界はロビー活動によって、「健康のために賢明に炭水化物を選んでください」という不親切なガイドラインを提案した[54]。砂糖業界のロビー活動のため「糖分のとりすぎを避ける」という記述が撤回されるようになると、ニューヨーク・タイムズ紙で報道されたが実現されなかった[55]。砂糖が加えられた食品を制限するよう明記された。

2010年、「アメリカ人のための食生活指針2010年版」[56](Dietary Guidelines for Americans, 2010)が発表される。これは科学的根拠の強弱の概念を採用している。

2015年の食生活指針では、持続可能性(サステナビリティ)の概念が導入され人間の健康と天然資源を維持するために赤肉と乳製品の消費を抑えることに言及している[57]。また脂肪の上限を撤廃した[58]。2015年にも『米国医師会雑誌』で30%という勧告に異議が唱えられていた[59]。コレステロールの目標量も撤廃された[60]飽和脂肪酸トランス脂肪酸が心血管疾患のリスクを上げるが、他の脂肪ではリスクを下げるため、総脂肪量で推奨するのは的を得ていなかった[40]。コレステロールは、飽和脂肪酸が少ない食事では安全である可能性がある[61]

日本[編集]

1945年(昭和20年)8月15日の「食生活指針[1]」は、戦争当時の食糧難を切り抜けることを目的としている。主食には玄米が推奨され、雑穀野草など食糧になるものについて言及されている。

戦後厚生省アメリカの援助を得て栄養改善運動を進め、おかずの多い欧米風の食生活を普及させたが、その結果生活習慣病の増加の兆候がみられるようになったため、1983年(昭和58年)に農林水産省日本型食生活を提唱、1985年(昭和60年) 厚生省は、「健康づくりのための食生活指針[2]」を策定する。指針の一部を抜粋する。

  • 主食主菜副菜をそろえて
  • 一日30食品を目標に
  • 動物性の脂肪より植物性の油を多めに
  • 食塩は一日10グラム以下を目標に
  • こころのふれあう楽しい食生活を

カルシウムの摂取源として、乳製品、骨ごと食べられる魚、海藻が挙げられている。また、QOLの向上を指針に入れていることも特徴的だとされる。ただ、「一日30食品を目標に」という指針は実行が難しく過食になりやすいという意見があった[3]

1990年、厚生労働省によって多目的コホート研究(JPHC Study:Japan Public Health Center-based prospective Study)が開始される[4]

2000年(平成12年)3月 厚生省、農林水産省、文部省が共同で「食生活指針[5][6]」を策定する。指針の一部を抜粋する。

  • 主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
  • ごはんなどの穀類をしっかりと。
  • 脂肪のとりすぎをやめ、動物、植物、魚由来の脂肪をバランスよくとりましょう。
  • たっぷり野菜と毎日の果物で、ビタミンミネラル食物繊維をとりましょう。
  • 牛乳・乳製品、緑黄色野菜、豆類、小魚などで、カルシウムを十分にとりましょう。
  • 塩辛い食品を控えめに、食塩は1日10g未満にしましょう。

これには、抽象的で実効性が乏しいという意見がある[3]。また、2000年(平成12年)3月の改定で、「一日30食品を目標に」という指針は削除された。

2000年(平成12年)3月31日 厚生省は「健康日本21[7][8]」(21世紀における国民健康づくり運動)を10か年計画ではじめる。アメリカの「ヘルシーピープル」などをモデルとしている。食生活についての具体的な目標も含まれることになった。

  • 全カロリーの27.1%占めている脂質を、25%以下に減らす。
  • 13.5g摂取している塩分を10g以下に減らす。
  • 292g食べている野菜を350g以上に増やす。
  • 牛乳・乳製品、豆類、緑黄色野菜からのカルシウム摂取量をそれぞれ増やす。
  • 多量に飲酒する人を減らす。未成年の飲酒をなくす。

2005年(平成17年)、厚生労働省農林水産省が共同で「食事バランスガイド[9][10]」を策定する。「食生活指針」を実践に移すための食事の目安をイラストで示したものである。

2006年(平成18年)2月、厚生労働省は「妊産婦のための食生活指針[11]」と「妊産婦のための食事バランスガイド」を策定する。食事を十分に摂取することや、有害な水銀の蓄積が多い大型魚を食べ過ぎないようにするという注意がある。

2016年に食生活指針は改定された[12]。変更は細部である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

運動選手の寿命短い→活性酸素
なぜフランス人は?フレンチパラドックス
赤ワイン→ポリフェノール

フレンチパラドックスFrench paradox)とは、フランス人は相対的に喫煙率が高く、飽和脂肪酸が豊富に含まれる食事を摂取しているにもかかわらず、冠状動脈性心臓病に罹患することが比較的少ないという逆説的な疫学的な観察のことである[1]。フレンチパラドックスの用語は、フランスのボルドー大学の科学者であるセルジュ・レナウドフランス語版博士による造語である[2]

この観察は2つの重要な可能性を示唆する。まず、飽和脂肪酸を心血管疾患に結びつけることが有効な仮説ではないということ(完全無効)。次の可能性は、飽和脂肪酸と心血管疾患は関連するが、フランスの食事習慣や生活習慣がこのリスクを緩和するということ。メディアも関心を示し、研究が行われてきた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ファイトケミカルス
カテキン→菌に勝つ 日本語
繊維
消化されない えのき、ひじき、ごぼう
腸内環境悪く、、、。
金縛りは栄養素の不足
三大死因
癌 1センチになるのに最低5年位 免疫細胞
心疾患
脳血管疾患・肺炎
非自己を防ぐ 免疫細胞タンパク質、ビタミン、ミネラル
③糖化
20%タンパク質+食事の糖→糖化反応
AGE s終末糖化産物
糖とタンパク質がくっつくと、糖化茶色くなる
目、血管、肝臓、脳、骨、肌
繊維
④エネルギー代謝の低下
⑤必須脂肪酸バランス
⑥腸内環境
⑦ARE
子供より大人のオムツが多い
介護寝たきり男10、女13年
ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルス
デザイナーフーズピラミッド
デザイナーフーズ計画 (designer foods project) は、1990年代、アメリカ国立癌研究所 (NCI) によって2000万ドルの予算でがんを予防するために、ファイトケミカルを特定して加工食品に加える目的で開始された計画である[1]。 デザイナーフーズ計画では、がん予防に有効性のあると考えられる野菜類が40種類ほど公開された[2][3][4]。その後、デザイナーフーズ計画はなくなった[5]
5ADAY
「1日5皿分(350g)以上の野菜と200gの果物を食べる」
葉酸ようさん
ビタミンB
妊婦妊娠前→出産
480mg
アスパラガス13本
納豆165P
GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略で、製造所における製造管理、品質管理の基準のことです。 原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたるすべての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるよう定められております。
米国→815P
日本→5P
今から国策全てを変えるのは難しい
野菜ジュース→糖尿病の人が多い
赤黄緑紫
紫色→目に良い
ユーロモニターインターナショナル

国際市場調査のリーディングカンパニー

タンパク質→ペプチド→アミノ酸
筋肉量ある→90代まで立てる
ない→70代
セロトニン不足→相手に攻撃、自分に攻撃→鬱
尿漏れ、ダイエット→不足
20種のアミノ酸
9種の必須アミノ酸
設計図は人間
豚肉食べても豚にはならない
プロテイン
タンパク質8g
アミノ酸スコア100
「たん白質消化吸収率補正アミノ酸スコア」(PDCAAS)
最近の栄養評価方法
PDCAAS 1.0
カロリー40kcal
コレステロール0
糖分0.81以下
イソフラボン15mg
イソロイシン
リジン
ロイシン
まぶたが上がるのも筋肉
脳も膀胱も肛門も
マッスルマルチプライヤー
筋肉量1kg増えると代謝が50kcalアップ
運動すると筋肉が壊れる→減る
タンパク質1.5〜2倍必要
アミノ酸は胃に吸収されず、30分以内に筋肉に
筋肉だけに特化→必須アミノ酸
BCAA 分岐鎖アミノ酸
ロイシン スターター 合成量2.5倍
9個+アルギニン
寝たきりにならないために
脂肪を1kg増やす7200kcal
7200kcal/31日=230kcal
摂取カロリー=消費カロリー 基礎代謝 60%
生活活動代謝 30%
食事誘導性熱産生 10%
女性20代1210kcal
→50代 1110kcal
ソイタンパク 血中濃度

大豆たん白質の栄養価は牛乳・卵と同じ最高点

たん白質の評価は、必須アミノ酸の含有量とバランスによります。ヒトに必要な20種類のアミノ酸のうち、体内で合成することができないアミノ酸は9種類あります。ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン・シスチン、フェニールアラニン・チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリンで、これらを必須アミノ酸といい、通常は食品から摂取しなければなりません。栄養価の高いたん白質は、これら9種類の必須アミノ酸をすべてバランスよく含んでいます。
大豆たん白質はこれまで、牛乳や卵のたん白質よりも栄養価が低く見られていました。しかし栄養の評価方法はいろいろあり、最近の栄養評価方法である「たん白質消化吸収率補正アミノ酸スコア」(PDCAAS)で測定してみると、大豆たん白質は牛乳(カゼイン)や卵(卵白)のたん白質と同様、スコア1.00の最高点であることがわかりました(図1)。

図1 各種食品たん白質のたん白質消化吸収率補正アミノ酸スコア(PDCAAS)

図1 各種食品たん白質のたん白質消化吸収率補正アミノ酸スコア(PDCAAS)

 そもそもたん白質の栄養評価は、1919年から長い間、PERという方法で行なわれてきました。この方法では、一般的には成長期ラットの試験結果を参考にしてアミノ酸の必要量を出しています。これが結果的に動物性たん白質を過大評価し、大豆たん白質を過小評価することになりました。なぜならラットは体毛の増加のために、ヒトよりはるかに多くのメチオニンを必要とします。大豆たん白質は動物性たん白質よりメチオニンの含有量が少ないために、栄養価が低く評価されていたのです。
1985年、FAO(国際連合食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)とUNU(国連大学)は、人間に必要なアミノ酸の量、すなわちアミノ酸評価パターンを4つの年齢グループ別に発表しました。その結果、これに基づいた大豆たん白質のアミノ酸スコア(AAS)は、図2に示したように2歳以上のすべての年齢層で100と評価され、栄養的に優れたたん白質であることが確認されました。

図2 必須アミノ酸必要量と大豆たん白のアミノ酸含有量

 その後も評価方法に改善が加えられ、1990年には消化吸収性を加味したPDCAASが、新しいたん白質栄養評価方法として推奨されました。先に述べたように、この栄養評価方法でも大豆たん白質は、牛乳や卵と同じ最高点を獲得しています。そして1993年、FDA(米国食品医薬品局)はこのPDCAASを新しいたん白質評価方法として導入しました。

PDCAAS=Protein Digestibility Corrected Amino Acid Score
PER=Protein Efficiency Ratio
FAO=Food and Agriculture Organization of the United Nations
WHO=World Health Organization
UNU=United Nations University
AAS=Amino Acid Score

アレルギーがある→腎臓肝臓障害の方に
体の60%は水
日本水道水は世界一安全 0.1mg/l
イギリス給水栓から排出されないこと
夜皆が使わない鉛
朝の水は鉛含有
エコチル調査
エコロジーチルドレン
仮説 羊水が、、、
=水
ミルク沸かして塩素を取る→トリハロメタン→15分沸かす→冷ます
、、、。
国際基準
NSFインターナショナル
スタバなどは義務づけ
脳は80%水
乾燥重量 脂質60%
DHA25%を出来るだけ取る
コレステロール 50%
リン脂質50%
レシチン25%
アセチルコリンが減る→神経伝達物質
シナプスを飛ばす
一言うと10わかる
タンパク質40〜50%
リンパ
pm2.5
2020年WHO世界死因第3位
COPD慢性閉塞性肺疾患
化学物質の83%は空気から
肺は新陳代謝しない
国際基準
CADR
肌4層目スキンフローラ
●スキンフローラ
“フローラ”は腸内フローラに代表される“細菌叢”を言い、健康や美容面で大きな注目をあびている。実は、肌にもフローラは存在しており、200種以上の皮膚常在菌が存在する。皮膚常在菌は、肌細胞と相互に作用し、美肌菌(善玉菌)や悪玉菌、日和見菌(条件によって悪にも善にもなり得る)から成り立ち、互いにバランスを保ちながら存在している。この皮膚常在菌叢をスキンフローラといい、肌のコンディションと密接な関わりを持ちます。このバランスが悪玉優位に崩れると皮膚トラブルの原因になり、アトピー性皮膚炎の患者はスキンフローラのバランスが崩れていることが近年明らかになってきた。
フェイシス 顔の中まで調査できる
必須脂肪酸
オメガ6:オメガ3
4:1
リノール酸 αリノレン酸
Υリノレン酸 EPA
アラキドン酸 DHA
トランス脂肪酸禁止
エサンテ 4:1
オレインリッチ17:1
コーン油57:1
紅花油79:1
亜麻仁油1:3
エゴマ油15:56
86才東大合格大学院目指す
細胞膜の比率が油で決まる
神経伝達物質
タンパク質+カルシウム・ビタミンc
グルタミン フェニルアラニン トリプトファン
ナイアシン 葉酸・ナイアシン鉄 葉酸・ナイアシン鉄
ビタミンB6 ビタミンB ビタミンB6
GABA ドーパミン セロトニン
ビタミンC胴 マグネシウム
ノルアドレナリン メラトニン

SSRI

(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

水10%
カルシウム70%
タンパク質20%
関節
水80%
プロテオグリカン2%
ヒアルロン酸グルコサミン
コンドロイチン
コラーゲン12%
その他6%

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です